東海大学海洋学部博物館|静岡 三保の水族館/恐竜博物館

Langage
メニューを閉じる
出版・研究

当館での研究の成果をご紹介します

  1. ホーム
  2. 出版・研究
  3. 東海大学海洋科学博物館研究業績

東海大学海洋科学博物館研究業績

近年、発表された海洋科学博物館の
研究報告・論文のタイトルをご紹介します。

論文タイトル一覧

2018年

2016年

  • Tomiyama, S., M. Takami and A. Fukui (2016) A new deepwater assfish, Bassozetus mozambiquensis sp. nov. (Ophidiiformes: Ophidiidae), from the western Indian Ocean. Ichthyol. Res. doi : 10.1007/s10228-016-0527-6 (also appeared in Ichthyol. Res. 64, 13-17).
  • Otani, A., Y. Otsuka, H. Suzuki and I. Akagawa (2016) The effects of parent body size on young of the Japanese seahorse Hippocanpus mohnikei.  東海大学紀要海洋学部「海-自然と文化」, 14(2), 1-6.

2015年

  • Tomiyama, S., M. Takami and A. Fukui (2015) Redescription of Bassozetus compressus (Günther 1878), a senior synonym of Bassozetus elongatus Smith and Radcliffe 1913 (Ophidiiformes: Ophidiidae). Ichthyol Res. doi: 10.1007/s10228-015-0491-6 (also appeared in Ichthyol Res 63, 218–226)

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

  • 鈴木宏易・田中洋一 (2010) 水槽内におけるサンゴタツの繁殖習性と稚魚の形態変化.動物園水族館雑誌,51(3, 4),39-49.

2009年